彼女が欲しい34歳独身男性フリーターの体験

私は34歳フリーターです。
漫画家を目指して漫画を描いていましたが、挫折して今はフリーターをやっています。
収入は低く、年齢もおじさんに近くなってきた私ですが、「彼女が欲しい」という気持ちは消せません。
もちろん結婚もしたいですが、今の状態ではとても難しいです。
ですから、せめて「彼女」だけでも欲しいのです。

しかし、周りには彼女になるような女性はいません。
今はコンビニでアルバイトしているのですが、夜勤なので一緒に働いている人はむさくるしい男ばかりです。
そこで、インターネットで彼女を探すことにしました。
インターネットだと無数の女性と出会える可能性があります。
私のようないわば「負け組」男性でも、気に入ってくれる女性が見つかるかもしれません。
私の武器は、昼間比較的自由な時間がとれるということです。

フリーターなので、普通のサラリーマンよりは融通が利きやすいのです。
彼女欲しい人に朗報【超簡単な恋人の作り方】というサイトを見つけて、その体験談を参考にすることにしました。
そこでおすすめしている出会い系で、昼間暇している女子大生をターゲットにしてみました。
出会い系で女子大生を中心にメールを出していると、1人の女の子と
仲良くなることができました。
彼女は年上の男性が好みということでした。
同い年の男は幼く見えるようです。

何回かメールをしたのち、彼女と会うことができました。
時間は平日の昼間です。
彼女は夜アルバイトをしているので、夜勤をしている私とちょうどよかったのです。
彼女は堀北真希のような、整った顔の黒髪美人でした。
話を聞いていると、彼女は田舎から出て来たそうです。
妹が2人いて、自分でアルバイトをして学費や生活費を稼いでいるとのことでした。
周りの友達は親からの仕送りなどをもらって楽な生活をしている人ばかりなので、話が合わないのだそうです。
私のような貧乏人とも通ずるものがあったのでしょうか。
それから何回か会ったのち、彼女のアパートに行きました。
手料理を作ってくれて、その後セックスをしました。

今はその彼女と付き合っています。
将来の予定は未定ですが、少しでもお金を稼ぎたいと思っています。